今朝がた,ゴミ出しに外に出た際,道路脇に弱っている黄色の蝶を見つけた。

   アスフアルト  あつき地面に  横たわる
               ひとひきの蝶  ひと夏を終え

 
  一昨日,亡き愛犬の墓参にと備え物をイオンモールにて買い物した。その後,カミサンは他の買い物に行き,私はペツト販売コーナーの前のイスに座って待っていた。ところがその前のゲージに「黒いミニダックスフンド」がおり, しきりに反対側のじゃれ合う小犬に吠えていた。
  私は暇でもあり,そのダックスのところに行き,しばらく様子を見ていた。上品な顔立ちのオスで,なぜか印象に残った。買い物終わり,2匹の愛犬眠る墓に行き,その足で川内に墓参りのため向かった。夕方カミサンと娘が再度買い物のためイオンに向かう玄関先で,ポロッと「イオンモールにいたダツクス買ってきてもいいよ」と言ってしまった。私は時にポロッと口をすべらせ心うちをさらすところがある。 しかし今回は何か気になっていたことを吐き出した感じ。
 10年先を考えたりもしたが,今が大事か。娘の勧めもあり(老々介護となったら娘宅に預ける約束) 飼うことを決断。生後4か月であるがしつけ等のため昨晩よりゲージに入れている。会話も少なくなった我が家で新たな家族が増えることになった。亡き愛犬墓参の日に出会ったワンチャンに縁を感じることである。名付けて「フクチャン」